本文ここからです
現在の位置
ホーム > 会社情報 > CSR > 地球環境保全のために

地球環境保全のために

地球環境保全の重要性を認識し、自社の事業活動における省エネや省資源はもちろん、ATMの環境性能向上を通じて社会に与える環境負荷の低減に努めるほか、従業員も各種の環境保全活動に積極的に参加しています。

基本姿勢

セブン銀行では、日々進化するIT技術を最大限活用し、ATMサービスを中心とした環境対策に積極的に取り組むよう努めています。さらには、従業員一人ひとりが、環境を意識した行動ができる環境貢献企業を目指しています。

ATMサービスでの取り組み例

環境性能を高めた第3世代ATMへの入替

第3世代ATMでは、お取引時間以外を常に省エネモードにするほか、お取引画面とセカンドディスプレイのバックライトをLEDにするなどで、第2世代ATMと比べて1台あたりの消費電力量を約48%削減しました。また、省資源の観点か ら、長寿命部品やリサイクル可能な素材を使用しています。

紙使用量の抑制

ATMでのお取引画面の中で、ご利用明細票の「必要」「不要」をお客さまが選択できるようにすることで、お客さまと一緒に紙資源を節約しています。また、取引きの記録を従来のレシートロールからATM内蔵のハードディスクに記録することにより、紙使用量を大幅に抑制しています。

従業員の参加による環境保全活動

ボノロンの森環境活動

森林散策

国有林での清掃活動

2008年度から毎年、セブン銀行は従業員及びその家族を対象に「ボノロンの森環境活動」を実施しています。この活動は、「自然の魅力を感じる」「自然について学ぶ」「自然を保全する」という3つのプログラムを通じて、自然を慈しみ、大切にしたいという心を育むことを目的としたものです。

グループ環境ボランティア活動への参加

セブン銀行では、セブン&アイHLDGS.グループの従業員やセブン‐イレブンオーナーさまとともに、自然環境を守るための様々なボランティア活動に参加しています。

最新の取組状況(PDF/752KB)