現在の位置:ホーム会社情報セキュリティについて金融犯罪事例と対策

金融犯罪事例と対策

預金や個人情報を狙った犯罪や詐欺等、さまざまな犯罪事例とその予防方法をお伝えいたします。

ダイレクトバンキングサービス

その他

ダイレクトバンキングサービス

スパイウェアについて

「スパイウェア」とは、インターネットやメールを介して、知らないうちにパソコンに侵入し、お客さまがパソコンに入力した個人情報を気づかないうちに収集し、インターネットを経由して第三者に転送してしまうソフトウェアのことです。

<スパイウェア対策>

  • (1)心当たりのないメール等は安易に開かないことをお勧めします。
  • (2)フリーソフトのダウンロードには充分にご注意ください。
  • (3)スパイウェア対応のアンチウィルスソフトのご利用もお勧めします。

万一、身に覚えのない不審な取引等にお気づきになった場合は、テレホンセンターにご連絡ください。

【お問合せ先】

テレホンセンター

フィッシング詐欺について

フィッシング詐欺とは、銀行等企業からのメールを装い、メールの受信者に実在する企業の偽ホームページにアクセスさせて、そのページでIDやパスワード等を入力させ不正に個人情報を入手しようとする手口の詐欺です。
セブン銀行では、このようにお客さまにメール等でキャッシュカード暗証番号や各種ID・パスワード等をお聞きすることは一切行っておりません。また、確認ナンバーの数字全てをご入力いただくこともありません(2桁の数字を2箇所のみご入力いただきます)。万一、セブン銀行の名前で不審なメールやご案内が届きましたら、テレホンセンターにご連絡ください。

【お問合せ先】

テレホンセンター

フィッシング詐欺の被害を防止するため、ダイレクトバンキングサービスでのお取引きにあたってはセブン銀行ホームページであることをご確認ください。

セブン銀行のフィッシング詐欺への対応

セブン銀行は、セブン銀行のダイレクトバンキングサービスを装った偽のウェブサイト(フィッシングサイト)を迅速に閉鎖させる為に、EMCジャパン社が提供する、フィッシングサイトを強制閉鎖するサービス「RSAR FraudAction(TM) Anti-Phishing Service」を採用しています。

アドレスバー表示の確認について

ホームページ

URLをご確認いただき、当社のホームページであることをご確認ください。当社のウェブサイトに確実にアクセスするためには、ブラウザー上で、http://www.sevenbank.co.jp/とご入力ください。

アドレスバー表示画面

ダイレクトバンキングサービス

当社のウェブサイト内におけるお取引きで、お客さまのIDやパスワード等のご入力が必要なときはSSLで暗号化された通信を行うため、必ず画面の上部か下部に鍵のマークが表示されます。鍵のマークをクリックして表示される証明書の「発行先」が、ib.sevenbank.co.jpであることをご確認ください。

アドレスバー表示画面

一部の新規口座申込み(海外送金サービスとセブン銀行口座を同時に申込む場合など)

当社のウェブサイト内におけるお取引きで、お客さまのIDやパスワード等のご入力が必要なときはSSLで暗号化された通信を行うため、必ず画面の上部か下部に鍵のマークが表示されます。鍵のマークをクリックして表示される証明書の「発行先」が、entry.sevenbank.co.jpであることをご確認ください。

アドレスバー表示画面

  • 上記画面イメージは、ブラウザがインターネットエクスプローラーの場合です。
    なお、当社ホームページに頻繁にアクセスする場合は「お気に入り」に登録することをお勧めします。

不正ポップアップについて

インターネットバンキングにログオンする際に、暗証番号等のお客さまの情報を入力させようとする不正なポップアップ画面が表示されるという事例が発生したとの情報がございます。 お客さまのパソコンがウィルスに感染するなどの理由により、類似の事象が発生する可能性もありますので、充分ご注意ください。

セブン銀行のインターネットバンキングでは、ログオン画面およびログオン直後の画面で、キャッシュカード裏面に記載の確認ナンバーのみを入力いただくことはありません。また、確認ナンバーの全ての数字を入力いただくこともありません。
通常は、お取引内容またはお手続内容のご確認画面にて2桁の確認ナンバーを2ヶ所のみ入力いただきます。
正規の画面以外の画面が表示されても、暗証番号等のお客さまの情報の入力は、絶対に行わないでください。

≪偽画面が表示された場合・入力してしまった場合≫
このような画面が1度でも表示された場合や、確認ナンバー等を入力してしまった場合は、すみやかにセブン銀行までご連絡ください。

※確認ナンバー等を入力せずに偽画面を閉じた場合でも、ご利用のパソコン内の情報が抜き取られている可能性が高いため、必ずセブン銀行にご連絡ください。

※万一、不正アクセスの可能性があると当社が判断した場合、当社にてお取引きを利用停止する場合があります。

テレホンセンター

<対策>

  • ウィルス対策ソフトの導入
  • OSやブラウザの修正プログラムの適用

その他

振り込め詐欺について

振り込め詐欺とは、「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」などの総称です。
例えば、電話で本人や家族、親せき、警察官、弁護士などを装って、交通事故や痴漢の示談金、借金返済などもっともらしい話でだまし、現金を振り込ませる詐欺のことです。
中でも最近では、電話でATMに誘導し、還付金を受け取る手続きとだまして振り込ませる「還付金詐欺」の被害が増加しています。

<対策>

(1)すぐに振り込まない

オレオレ詐欺のような場合は、必ずいったん電話を切り、本人に連絡してご確認ください。

※携帯電話はつながらない場合もありますので、会社や知人の電話番号など、複数の連絡方法を普段から確認しておくことをお勧めします。

(2)1人で振り込まない

自分1人で対処しようとすると、動揺のせいで簡単なウソも見抜けなくなります。必ず家族や親せき・警察などに相談してください。

口座の譲渡・売買について

口座の不正利用や譲渡は法令で禁止されています

架空名義・借名名義での口座開設はできません。また、口座を譲渡・売買したり、キャッシュカードを他人に利用させたりすることも法令で禁止されております。偽造・変造した本人確認書類により口座が開設されたこと、または開設後に振り込め詐欺等の犯罪に悪用されていることが判明した場合は、口座の利用停止や解約等の措置をとり、法令に基づき行政庁へ届出いたします。

口座の売買は犯罪です。絶対に行わないでください

口座の売買は、口座を売る側も買う側も「犯罪による収益の移転防止に関する法律」により処罰されます。

情報提供にご協力をお願いします

セブン銀行口座が譲渡されたり、売買されている事実や疑いがある場合には、すぐにテレホンセンターへご連絡をお願いします。

ページの先頭に戻る