不正にポップアップ画面(※1)を表示させてダイレクトバンキングサービスでのお取引きに必要な暗証番号等を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください。

↓サイト内検索(ページ下部へ)

【重要なお知らせ】
2016年11月18日更新
2012年11月1日

ダイレクトバンキングサービスにログオンする際に、暗証番号等のお客さまの情報を入力させようとする不正なポップアップ画面が表示されるという事例が発生したとの情報がございます。お客さまのパソコンがウィルスに感染するなどの理由により、類似の事象が発生する可能性もありますので、充分ご注意ください。

セブン銀行のダイレクトバンキングサービスでは、ログオン画面およびログオン直後の画面で、キャッシュカード裏面に記載の確認ナンバーのみを入力いただくことはありません。(※2)また、確認ナンバーの全ての数字を入力いただくこともありません。
通常は、取引内容または手続内容の確認画面にて2桁の確認ナンバーを2ヶ所のみご入力いただきます。
正規以外の画面が表示されても、暗証番号等のお客さまの情報の入力は、絶対に行わないでください。


≪偽画面が表示された場合・入力してしまった場合≫
このような画面が1度でも表示された場合や、確認ナンバー等を入力してしまった場合は、すみやかにセブン銀行までご連絡ください。
※確認ナンバー等を入力せずに偽画面を閉じた場合でも、ご利用のパソコン内の情報が抜き取られている可能性が高いため、必ずセブン銀行にご連絡ください。
※万一、不正アクセスの可能性があると当社が判断した場合、当社にてお取引きを利用停止する場合があります。


テレホンセンター


≪ウィルス感染を防ぐための予防策≫
ウィルスに感染しないようにするためには、以下の対策が有効です。

(1)セキュリティ対策ソフトを導入するとともに、定義ファイルを常に最新の状態にしておく。
※定義ファイルのアップデートを自動更新に設定しておくことがお勧めです。
(2)パソコンのOSやブラウザを常に最新の状態にしておく。
※1.アップデートの自動更新を有効に設定しておくことがお勧めです。
※2.セキュリティのサポートがされなくなった古いOSの使用はやめて、新しいOSを使ってください。
(3)ソフトウェアやアプリは常に最新の状態にしておく。
※JAVAやAdobe Readerなどのアップデートは、更新案内に従いすぐに行ってください。
(4)配信元が確かでないソフトやアプリはダウンロードしない。
※Android端末の場合、設定の中の「セキュリティの不明な提供元 - Playストア以外で購入したアプリケーションのインストールを許可する」を有効にしないようにしてください。
(5)心当たりのないメールは開封せず削除する。
(6)不審なウェブサイトを閲覧しない。


■ウィルスやセキュリティに関する最新の情報について
以下の情報処理推進機構(IPA)のホームページを定期的にご確認いただくことをおすすめいたします。

独立行政法人 情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/security/personal/index.html

情報処理推進機構とは、コンピュータウィルスやセキュリティに関係する調査・情報提供を行う経済産業省所管の独立行政法人になります。

■パソコンのOSやブラウザの修正プログラムの適用について
OS・ブラウザの提供元のサポート情報をご確認ください。
・ Windows
http://support.microsoft.com/?ln=ja
・ Mac
https://www.apple.com/jp/support/

※1. ポップアップ画面とは、特定のWEBページを表示させると、飛び出すように表示される小さな画面のことです。
※2. ログオン直後に「職業・取引目的」を登録する画面等が表示され、その画面において確認ナンバーを入力する場合がございますが、一度ご登録いただくと次回以降ログオン時には表示されません。


■安全にご利用いただくために
一部の振込みなどのお取引きについて、スマートフォンアプリにて承認を行うことができ、万一、第三者にパスワード等が盗み取られた場合でも、不正な振込みを未然に防ぐことが可能です。
スマートフォン認証サービスについては、パソコンにてセブン銀行ホームページをご確認ください。

以上
ページの先頭へ

金利
ローンサービス金利一覧
手数料
よくあるご質問(FAQ)
お問合せ
サイトマップ

⊇イト内検索

ページの先頭へ

セキュリティについて
規定集
プライバシーポリシー
このサイトのご利用について
ページの先頭へ

セブン銀行TOPへ
(c) Seven Bank,Ltd.