現在の位置:ホーム株主・投資家の皆さま知ってる?知らない?セブン銀行強みって?

知ってる?知らない?セブン銀行

セブン銀行の強みって?

強みその1 お客さまの生活インフラに溶け込んでいるビジネス

セブン銀行の強みは、そのサービスがすでにお客さまの生活インフラに溶け込んだものになっていることです。
思い立った時、近くのセブン‐イレブンや駅、空港、商業施設など身近にあるATMを利用できる。ほんの10数年前までは、預金を引き出すために銀行や郵便局まで足を運ばなければならなかったのが嘘のように、皆さまの暮らしのなかに溶け込んでいます。

そして、セブン銀行のATMによるお取引件数は、実に年間約8億件。日本のATMの約10台に1台がセブン銀行のATMとなっています。

年間総利用件数の推移

日本国内のATM台数とセブン銀行のATM

そばにあることが当たり前―。
セブン銀行のATM事業・サービスが、今やお客さまにとって欠かせない存在となっていることがお分かりいただけると思います。

強みその2 世界に例を見ないユニークなビジネスモデル

「お客さまから預金をお預りして、それを企業への融資や投資等の運用により利益を得る」従来の銀行とは異なり、セブン銀行はATMサービス事業を中心に据え、新たな銀行像を打ち立てました。また、そのATMサービス事業は世界でも例のない、大変ユニークなものです。

(1)提携金融機関からいただく手数料で成り立っているビジネス
ATMビジネスと言うと、お客さまから手数料をいただいていると思われるかも知れませんが、セブン銀行は提携金融機関からいただく手数料で成り立っており、セブン銀行の収益の約93%を占めています。

(2)共存共栄のビジネス
当社のビジネスはATMをご利用されるお客さまはもちろん、提携金融機関にもメリットを感じていただけるものです。

(3)「銀行」として運営するATMビジネス
日本のみならず世界中を見渡しても、ATM運営を主力とする企業は存在するものの、「銀行」としてATM運営を主な事業としている企業は、セブン銀行のほかには存在しません。

つまり、銀行かつATM運営を主力とする企業というのは、世界的に見てもとてもユニークな企業です。

銀行としての健全な経営基盤の上でATMビジネスを行うことにより、お客さまにより多くの安心を感じていただけると考えています。

さらに銀行ならではの機能として、お客さまから「預金」をお預かりすることもできます。市場や銀行からの借入れ等に加え、お客さまからの「預金」によっても資金を調達できることもセブン「銀行」の強みです。

強みその3 健全な財務基盤と高い格付

単体自己資本比率(国内基準)55.2%(2017年9月末現在)。これは日本の銀行としては極めて高い比率です。この健全な財務基盤を元に、日本の銀行ではトップクラスの高い格付を取得しています。

(2017年9月末現在)

セブン銀行はお客さまにより安心していただけるよう、銀行であることに加え、その中でも高い信用力に基づいたATMサービスを提供してまいります。

生い立ちは?

ページの先頭に戻る