現在の位置:ホームお知らせ

お知らせ

2017年2月6日更新
2014年11月17日

SSL3.0の脆弱性に関する対応について

■インターネット通信で使用する暗号化プロトコル「SSL3.0」の無効化について

インターネット通信で使用する暗号化プロトコル「SSL3.0」については、通信の一部が第三者に漏えいする脆弱性が発見されており、
この脆弱性への対応としまして、2017年2月6日以降「SSL3.0」の無効化を行います。
本対応以降、インターネットのセキュリティ設定によっては、当社のダイレクトバンキングサービスがご利用いただけない可能性がございます。

当社のダイレクトバンキングサービスは、この脆弱性の影響を受けない「SSL3.0」の次のバージョンである「TLS」に対応しております。
「TLS」をご使用いただくことで、安心して当社のダイレクトバンキングサービスをご利用いただけます。

■Internet Explorerの設定例

  • Internet Explorer 6.0以前をお使いのお客さま、およびブラウザの設定でTLSの設定をご自身でオフにされているお客さまが対象となります。

  1. Internet Explorer の [ツール] の [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [インターネット オプション] の [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [セキュリティ] カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する] チェック をオフにし、[TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および [TLS 1.2 の使用] チェック をオンにします。
  4. [OK] をクリックします。
  5. 終了し、Internet Explorer を再起動します。

以 上

ページの先頭に戻る