本文ここからです
現在の位置
ホーム > 会社情報 > セブン銀行について > ごあいさつ

ごあいさつ

日頃よりセブン銀行をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2018年6月19日より代表取締役社長に就任いたしました舟竹泰昭でございます。
セブン銀行は、2001年の開業以来「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」ご利用いただけるATMサービスの提供を通じ、安全かつ先進的な決済インフラを構築してまいりました。セブン&アイグループ内の設置に加え、交通・流通・観光の各拠点を中心にグループ外への設置も積極的に展開し、おかげさまで国内ATM設置台数は24,481台(2018年5月末現在)となり、1日220万人以上のお客さまにご利用いただいております。

近年は、スマートフォンの普及、新しい決済サービスの登場、シェアリングエコノミーの進展等、当社を取り巻く環境は大きく変化しております。こうした環境変化の中、持続的成長に向け「本業を伸ばしつつ事業の多角化を実現」することを基本方針とした中期経営計画(2017〜2019)を策定し、全社一丸となってその具体化に向けて取り組んでおります。新しい体制でもその基本方針に変更はなく、引き続き計画達成に向け全力で取り組んでまいります。

ATMプラットフォーム事業では、新たに決済分野へ参入した事業会社との提携により、チャージ取引等の新たなサービスをスタートさせました。また、当社独自の新サービスとしてスタートした「現金受取サービス」は、お取引先の潜在的なニーズの掘り起こしにつながり、シェアリングエコノミーの進展と相まって、新しいマーケットを創造しつつあります。
2018年度は、このような新しく立ち上がったサービスを確実に育てつつ、次なる成長ステージを目指し、未来に対する投資、挑戦を絶え間なく実行してまいります。

決済口座事業では、拡大しつつある在日外国人に対する海外送金サービスの充実等、セブン銀行ならではの形で社会課題の解決にも積極的に取り組んでまいりました。
今後はさらに、セブン&アイのグループ力を活かしながら、より多くのお客さまと接点をもち、新たな金融商品サービスの提供を通じて数多くの課題解決にも貢献してまいります。

海外事業では、2018年3月に米国セブン‐イレブンへ約8,000台のATM設置が完了し、米国内におけるATM台数は約13,000台となりました。海外においてもグループとの長期に渡る良好なパートナーシップを活かし、収益力強化に邁進してまいります。

これからも社会や環境の変化を敏感にとらえ、社会課題の解決と企業としての価値創造に「誠実」かつ「真面目」に取り組み、すべてのお客さまにとって安心・安全な金融サービスをお届けすることで「社会の期待と信頼」に応えてまいります。

皆さまにおかれましては、今後の成長にご期待いただきますとともに、変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2018年6月19日

代表取締役社長
舟竹 泰昭


ダイレクトバンキングサービスに関するリンクです
  • ダイレクトバンキングログオン
  • 【重要なお知らせ】不正なポップアップ画面にご注意ください
  • セブン銀行 口座開設
  • 全国ATM検索

関連情報
経営情報
経営方針、経営計画などの情報はこちら。
経営方針
社是、経営理念、倫理憲章はこちら。