本文ここからです
現在の位置
ホーム > 会社情報 >  CSR > 成長を支える体制

成長を支える体制

セブン銀行は、経営の健全性や業務の適正性を確保するために、創業以来、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンス体制の強化、万全なリスク管理体制の構築に努めています。

コーポレート・ガバナンス

セブン銀行は、広く預金を預かるとともに、公共インフラ的性格を有するATMネットワークを保有・運営する銀行として、規律ある経営を行うことが社会的信頼に応えるために不可欠と考え、意思決定における透明性・公正性・迅速性の確保、業務執行における役割と責任の所在の明確化、経営監督機能の強化、業務の適正を確保するための体制整備及びコンプライアンス体制の充実を推進し、実効的なコーポレート・ガバナンスの実現を追求しています。

コーポレート・ガバナンスに関する詳細はこちら

コンプライアンス

セブン銀行は、法令等の社会的規範の遵守は、ステークホルダーから信頼していただくための当然の前提であるとの考えから、経営の最重要課題と位置づけています。

コンプライアンスの徹底に向けた体制を整えるとともに、「コンプライアンス・プログラム」として全社・部署ごとに課題・方針、実施計画、実施時期を定めています。

コンプライアンス遵守基準カード

経営理念とコンプライアンス遵守基準を携帯カードにして全従業員に配付、常に携帯・確認しています。

コンプライアンスの手引きファイル

コンプライアンス関連規程を綴じ込んで全従業員が所持しています。このファイルを使って、全社朝礼時に内容を読み合わせることで、コンプライアンスの浸透を図っています。

コンプライアンス相談制度ご利用ガイド

コンプライアンスに関して気になることが起こった場合の相談先や利用ルール、相談方法等を携帯可能な小冊子にまとめ全従業員に配付しています。

お取引先専用ヘルプライン

公正な取引きを推進し、いつでも安全・安心な商品とサービスをお客さまにご提供するため、セブン&アイHLDGS. グループ共通の相談・通報窓口を設置しています。

お取引先専用ヘルプライン(相談・通報窓口)についてはこちら別ウィンドウで開きます

リスク管理

セブン銀行は、経営に関わるリスク特性を認識し、適切に管理することで、経営の健全性と効率性を確保するよう努めています。

取り組みにあたっては、取締役会で全社的なリスク管理の方針と組織・体制を「リスク管理の基本方針」として定めているほか、経営会議で基本方針に基づく各種リスク管理に関する諸規程を定めています。

また、全社的なリスク管理統括部署として「リスク統括部リスク管理担当」と各種リスク管理統括部署、内部監査部署として「監査部」等を設置しています。さらに、リスク管理に関する経営会議の諮問機関として、「リスク管理委員会」と「ALM委員会」を設置しています。

  • ※ALM:Asset Liability Management。主に金融機関で用いられるリスク管理手法で、総合的な資産と負債の管理のこと。

リスク管理体制

BCP(業務継続計画)の策定

セブン銀行では、大規模な災害や事故が起こった場合でも銀行としての社会的責任を果たしていくために、「ATM業務」「銀行間及びATM提携先との資金決済業務」「当社預金の払出しと為替業務」の3つを優先して継続すべき業務と定義しています。

また、これら重要業務が災害・事故の発生時にも継続できるよう、各部署でBCP(業務継続計画)を作成しています。さらに、BCPを確実に実践するために、各部署では、データセンターやその他拠点設備の被災がさまざまな時間帯で発生したケース等を想定し、定期的にBCP訓練を実施しています。