現在の位置:ホーム株主・投資家の皆さま2017年度‐2019年度 中期経営計画海外事業

2017年度‐2019年度 中期経営計画

海外事業

海外事業では、米国セブン‐イレブン店舗内への着実なATM設置と安定稼働に努めるとともに、米国セブン‐イレブンとのシナジー効果を追求し、新しいサービスの提供を目指してまいります。また、インドネシアをはじめその他の地域への進出等、日本での知見を活かした海外ビジネスの開拓にも取り組むことで、3ヶ年で200億円の収益増を目指します。

「米国セブン-イレブンとのシナジー効果を追求」 米国セブン‐イレブン店舗へのATM設置によりATM台数は14,000台規模へ

「ノウハウ・インフラの最大限活用」私たちが有するノウハウ・インフラを最大限活用し、インドネシアをはじめ、海外ビジネスの開拓に取り組みます。

成果 +200億円の収益

ページの先頭に戻る