KEYWORDキーワードで知るセブン銀行

セブン銀行は2001年の設立以来、
「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」使えるATMサービスを始めとする
数多くの価値提供に努めています。
そんなセブン銀行の特徴や魅力をキーワードでご紹介します。

  • 24,392台

    24,392
    (2018年3月末現在)

    セブン銀行のATM設置台数で、日本のATMの約10台に1台がセブン銀行のATMになっています。お客さまに「近くて便利」と思っていただけるような場所への設置を積極的に推進しています。

  • 600社

    600

    セブン銀行が提携している金融機関等の数です(2018年3月末現在)。金融機関のほか、新たに決済分野へ参入した事業会社との提携も進めています。

  • 8億

    約8億件

    年間でのATM総利用件数は815百万件に上ります(2017年度実績)。

  • 99.98%

    99.98%

    ATMの稼働率です。いつでもATMをご利用いただけるよう、現金切れや故障による停止時間を削減する取組みを行っています。

  • 12言語

    12言語 12言語

    海外発行カード利用時は、ATM画面・明細票の表示を12言語(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語、マレーシア語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語)から選択できます。 また、お客さまの窓口となるテレホンセンター・カスタマーセンターでは9言語(日本語、英語、タガログ語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、インドネシア語、タイ語)に対応しており、外国人のお客さまにも安心してご利用いただけます。

  • GLOBAL

    GLOBAL

    米国子会社FCTIと、インドネシア子会社ATMiを通して、現地でATMサービスを展開しています。米国では2018年3月末までに現地セブン‐イレブン約8,000店舗へのATM設置を完了し、同年3月末現在13,413台のATMを展開しています。

  • A+[S&P]AA[R&I]

    A+[S&P] AA[R&I]

    連結自己資本比率(国内基準)50.78%(2017年度実績)という高さが示す健全な財務基盤と経営実績が格付け機関に評価され、日本の銀行ではトップクラスの格付けを取得しています。

  • 挑戦

    挑戦

    社員が自ら挑戦する姿勢を尊重しています。そのサポートとして、社員の事業創造への意欲を高めるべく外部の起業家を招いたセミナーや新規事業を発想するワークショップなどを開催しました。また、オープンイノベーションの取組みの一環として、新世代ATMで提供する新サービス・事業の提案を社内外から募っています。

  • 86.9%

    86.9%

    セブン銀行の有給休暇取得率は86.9%です(2017年度実績)。有給取得を積極的に行い、ワークライフバランスの推進に注力しています。

  • 100%

    100

    セブン銀行の育児休業復職率です(2017年度実績)。ライフステージに合わせて、仕事とプライベートを両立している社員が多くいます。