アイデアをカタチにして、Webで発信。
サービスを社会に向けて伝えていく。

A・K

2014年 新卒入社

決済口座事業部 / 経済学部卒

A・K

インフラビジネスに携わりたい

学生時代から街づくりや生活環境の整備といったことに関心の高かった私は、現代社会になくてはならないインフラビジネスを通じて、社会をより便利で快適なものにしていきたいという想いがありました。就職活動時、そんな私が強く惹かれたのが、セブン銀行でした。従来の銀行らしくない事業内容で、金融業というよりはインフラ業に近いという印象があり、お客さまのニーズに応え、社会全体をよりよいものにしていこうという姿勢には、大きな共感を覚えました。
また、“誰と働くか”にも重点を置いていたため、就活生である私にも飾ることなく自然体で接してくれた先輩社員の姿には強く惹かれました。この印象は入社後も変わらず、上下や部門間の垣根のないオープンな社風は、とても心地よいです。

Webでの販促活動を展開

A・K

私の所属する決済口座事業部は、セブン銀行口座の商品やサービスの管理・販売促進を担っており、その中でも私はローンサービスのマーケティング・販売促進を担当しています。具体的な業務としては、ローンサービスを告知するためのWeb広告の制作ディレクション、ローンサービス申込促進のためのキャンペーン立案、既に口座をお持ちのお客さまに向けたローン申込促進のためのメールマガジンの制作・配信などです。
リアルな店舗を持たない当社にとって、Webでの告知はお客さまに興味を持っていただく最も重要な手段です。Webなくしてマーケティング活動は成立しないでしょう。部署として“口座のリ・デザイン”を進めている中、その販売促進には特に力を入れていることもあり、こうした重要な業務に携わっていることに大きなやりがいを感じています。販売促進チームは3人で、その中でローンサービス担当は私1人。少ないメンバーが大きな裁量と責任を持って業務に取組むのは、決済口座事業部に限らず、当社ならではだと思います。

A・K

経験がないからこそ新しい発想が生まれる

ローンサービスは収益性の高い商品ですので、販売促進活動によってお申込数やご契約数が増えると、会社の収益増に貢献したというダイレクトなやりがいが得られます。そのためにどんな施策を打ち出していくかは、上司からの一方的な指示に従うのではなく、担当者である私自身が考え、実行することを基本としています。
実際、決済口座事業部に異動した数ヶ月後には、早くも新しいキャンペーンの企画を立案。新規の口座獲得を目的としたキャンペーンで、従来にはなかった切り口での企画でした。上司に提案したところ「今までにないもので、面白い。やってみよう」とゴーサインをいただき、企画をスタートさせました。スケジュールがタイトな中、告知内容や文案も自分で考え、他のメンバーのフォローもあって、キャンペーンを無事成功させることができました。自分で発案したものがカタチとなって世の中に発信され、そして当社の収益という数字になって跳ね返ってくる、この喜びを味わうことができたことはとてもうれしく、今後のモチベーションにつながりました。
着任後間もない経験の浅さをデメリットと捉えず、「経験がないから新しい視点で発想できる」と前向きに評価してくれる、当社ならではのカルチャーも実感しました。

会社全体を俯瞰する立場で活躍したい

A・K

当面はマーケティングの仕事を極めていきたいと考えています。Web広告についての知見をたくわえ、より実効性の高い販売促進施策を積極的に打ち出していきたいと思います。そして、いずれはATM事業や会社の経営を俯瞰的に見ることのできるポジションなど、幅広い業務に携わってみたいと考えています。
また、私は出産後に復職し、現在は時短勤務制度を利用しながら働いています。当社は、時短勤務であっても責任のある仕事を任せてくれますし、新しいチャレンジもさせてくれます。管理職の中にも時短勤務中の女性社員がいますので、その背中を見ながら、私もキャリアアップを目指していきます。

SCHEDULE

  • 8:45出社、メールチェック

    広告代理店からの運用相談などについて回答する。

  • 10:00チームミーティング

    案件ごとの進捗状況について報告・共有。

  • 12:00ランチ

    教育係を務めているので、新入社員と一緒に食事しながら、コミュニケーション。

  • 13:00広告代理店と打合せ

    Web広告の実績について報告を受け、その評価と今後について打合せ。

  • 15:00資料作成

    販促案件の実績やスケジュールを一覧で管理し、更新。新施策を立案し、説明用資料を作成する。

  • 16:30退社

    その日の仕事は必ずその日で終わらせることを心がけている。

PRIVATE
A・K

子供が小さいので、休日には家族3人で買い物や公園に行くなど、子供中心の生活を送っています。子供は体操教室に通っており、そこでの成長の姿を見るのも楽しみの一つです。
また、先日は初めて子連れで海外旅行に出かけました。私は旅行が大好きなので、これからも家族でいろいろなところに出かけたいと思います。