「ここにATMがあったなら」。
生活者としてのそんな目線で、
セブン銀行ならではの便利さを実現していく。

唐橋 龍之介KARAHASHI RYUNOSUKE

2017年 新卒入社

営業推進部 / 商学部卒

唐橋 龍之介

若いうちからチャレンジできるカルチャー

東北出身の私は、学生時代、地元の銀行の支店が都内になかったので、現金を引出す際はセブン銀行のATMを利用していました。ですからセブン銀行の利便性については、身を持って感じていました。ただその利便性を支えているビジネスモデルにまで思い至るようになったのは、就職活動を始めてからでした。
私が企業選びの軸として考えていたのは、若いうちから責任ある仕事を任せてくれる企業かどうかという点でした。少し背伸びしてでもチャレンジすることで、成長のスピードも速くなると考えたのです。その点セブン銀行では、若手でもどんどん挑戦できるカルチャーがあるということを、先輩社員の言葉から強く感じることができました。
そして、私が実感していたATMの便利さをより多くの人にも感じて欲しいとの想いで、セブン銀行への入社を決めました。

全社を巻き込む仕事にチャレンジ

唐橋 龍之介

入社1年目、早くも若手に責任ある仕事を任せるというセブン銀行の魅力を実感するチャンスに出会いました。セブン‐イレブンではオーナーさまに新商品やサービスなどをご紹介する展示会を定期的に行っており、私は当社が出展するブースの企画・運営を任されたのです。
ATMメーカーとの調整や展示パネルの作成、当日の説明担当者の割り当てなど担当業務は幅広く、しかもどれも私にとって初めての仕事でしたから、がむしゃらに走りながら業務を学んでいくという状態でした。決して簡単な仕事ではなく、思うように進まなくて戸惑うことも多かったのですが、苦労した分、大きく成長できたと実感しました。特に先を読みながら段取りを立てていくことの大切さは身を持って知ることができ、進捗管理の力はかなりついたと自負しています。
1年目でありながらこのように全社を巻き込んだ大きな仕事に携われたことは、自分の成長という点でとてもよかったと感じています。

唐橋 龍之介

社会貢献度の高さを実感

現在の私の担当は、セブン&アイグループ以外の場所にATMを設置していくグループ外営業です。駅や空港、商業施設など、「ここにATMがあったらもっと便利なのに」と思われる場所を見つけ、その場所の管理会社などと交渉を行ったうえでATMを設置していきます。文字通り“いつでも、どこでも、だれでも、安心して”ご利用いただけるATMサービスをつくり上げることがミッションです。
国際線が乗り入れている空港には、海外発行カードも利用できるという当社ATMの優位性をアピールし設置させていただきました。自分が提案し設置されたATMで実際にお客さまにご利用いただいているシーンを見ると、社会貢献度の高い仕事をしているということが実感でき、誇らしい気持ちになります。
もちろん提案から設置に至るまでは、施設管理会社との交渉や施工会社との調整など、多くの人を巻き込みながらいくつもの山を越えていかなくてはなりません。1年目に展示会の仕事で学んだことが、そうした取組みに活きています。

誰からも頼りにされる人材に

唐橋 龍之介

今は目の前のグループ外営業の仕事に全力投球の日々ですが、将来的にはジョブローテーションを経て、マルチにスキルを磨いていきたいと思います。そして誰からも頼りにされ、信頼される人になっていきたいと考えています。
これからの社会においても、インフラとしてのATMは人々にとって不可欠な存在として、変わらぬ貢献を続けていくと思います。その一方でセブン銀行ならではの新しいサービス、新しい事業も生み出していかなくてはなりません。そうしたチャレンジにも私は積極的に参画していきたいと考えています。

PRIVATE
唐橋 龍之介

小学校から野球を続けてきました。今も会社の野球部に所属し、試合のある日は仲間と一緒に心地よい汗を流しています。
それ以外の休日は家でDVDを観たりしてのんびりと過ごしています。