見ず知らずの誰かが私のシステムを使ってくれる。
そのワクワクする感覚こそ、社会貢献の喜びです。

M・Y

2016年 新卒入社

ATMソリューション部 / 社会科学部卒

セブン銀行ならではの独創性に惹かれて

学生時代は社会学を専攻し、社会的弱者に目を向ける意識が身についたと思います。それは自然と、誰かの役に立つ仕事がしたい、社会を支える仕事に就きたい、という気持ちにつながりました。そこで私の目に入ってきたのが、ATMを通じてあらゆる人にさまざまなサービスを提供しているセブン銀行でした。
調べてみると、セブン銀行のサービスは独創的かつ革新的なものが多く、非常に独自性のある銀行だと感じたのです。ここなら私も新しいことに挑戦できるのでは、と思いました。
そして、決め手となったのが社員の人柄。志が高く、芯の強い方ばかりですが、決して我が強いわけではなく、人としての温かさを感じることができ、この先輩たちと一緒に働きたいと思い入社を決めました。

ATMと提携先を“つなぐ”責任

セブン銀行のATMでは、全国どこでも、原則24時間365日、お客さまがお持ちの各種金融機関のカードをご利用いただけます。このサービスを支える「ATM」「中継システム」「提携金融機関」を円滑につなぐことが私の主な業務です。提携している金融機関の数は約600社。新規の提携案件が始まると、先方と打合せを重ね、システムの設定を確認し、社内にあるテストルームでのATMを使ったテストなどを経て、サービスインまで進めていきます。もちろんその過程ではさまざまなトラブルが発生するので、その都度原因を突き止め、対策を講じます。そして最終的にサービスインへ。この瞬間は、やはり大きな達成感が得られます。
入社2年目の若手ながらサービスの生命線とも言えるシステムに携わらせてもらっていることに、当社の“任せて育てる”という文化がよく表れていると思います。提携先との打合せに当社を代表したメンバーの一人として出席することもあり、若手であっても重要な仕事を仕切れる責任の重さを感じています。

社会に新しい“便利”を提供

入社以来手がけた案件は、新規提携が3件、既存提携先へのサービス追加が5件。銀行だけでなく、カード会社などの案件もあります。やりがいは、やはりお客さまが実際にサービスを利用してくださっているという実感ですね。ご利用状況をリアルタイムで確認できるモニターがあるので、サービスイン後の最初の取引きが始まるときはいつもワクワクします。社会に新しい“便利”を提供できたという喜びでいっぱいです。まったく見ず知らずの方が私のつなげたシステムを今この瞬間に利用してくださっているという感覚は、社会貢献の誇らしさそのものです。
私は文系の出身なので、配属当初はシステムのことなどまったくわかりませんでした。しかし、外部研修や一緒に仕事をするパートナー企業のSEさんから基礎を学んだのち、業務を通じてチームの人に支えられつつ、さらに知識を身につけてきました。
まもなく3年目を迎える今は、後輩の指導を任されています。自分自身の成長を実感できることも、やりがいの一つです。

“あったかいATM”をつくりたい

私の部署は約20名。これで全国のATMを担当しているのですから、いかに一人ひとりに責任ある仕事を任されているかが想像いただけると思います。そして、少人数だからこそ、新しいことに取り組むチャンスも多いのです。
私がこれからやってみたいことは、ATMを使った新しいサービスの開発。先輩が「スマートフォンATM取引サービス」の開発に取り組む様子を隣の席で見ていましたが、その様子はとてもエキサイティングで、自分もぜひ挑戦してみたいと思いました。イメージしているのは“あったかいATM”。新しいサービスを通じて、今まで以上にお客さまに親しまれ、愛されるATMにしていけたら、と思います。

最近一人暮らしを始めました。
食べることが大好きなので、地元のおいしいご飯屋さんを開拓中です。
おいしそうなお店がたくさんあるので、友人と一緒に食べ歩きしてみたいですね。