セブン銀行だからできる“仕組みづくり”に挑戦。
自分の手で新しいビジネスを立ち上げたい。

T・M

2016年 新卒入社

戦略事業部 / 経済学部卒

T・M

ビジネスモデルづくりに挑戦したい

学生時代に経済学を専攻していたので、目に見える製品やモノだけではなく、“仕組みづくり”を通じて、世の中を便利にしたり効率化したりすることに貢献したいと考えていました。
セブン銀行は金融業ではありますが、他の銀行とは違って、ATMを通じて利便性の高いサービスを提供するという新しいビジネスモデルに取組んでおり、その姿を見て、私も自分ならではの仕組みづくりに挑戦したいと思いました。また、少数精鋭の会社であるため、大きな組織の中の一つの歯車として埋もれることなく、力を発揮できる土壌があると考えたことも、入社の決め手となりました。

子会社の事業スタートに向けて

T・M

現在私は、設立されたばかりの子会社の事業立上げに力を注いでいます。この子会社は在日外国人に対して金融サービスインフラを提供することをミッションとしており、実際にはまだ事業をスタートしていません。スムーズに業務を開始できるよう、法令対応や社内規程の作成、経理業務の整理など、事業を行う上で欠かすことのできない、経営管理周りのあらゆる業務整備を行っています。私には自分で会社を立ち上げた経験も知見もなく、すべての業務が初めてのことばかり。一つひとつ自分で調べるのはもちろんのこと、社内の関連部署の先輩、社外の弁護士や税理士といった専門家などにアドバイスを求めながら進めています。
また、外国の銀行や事業会社との協業模索や、海外調査のサポートなども並行して行っています。社内の営業部門やシステム部門と連携しながら、横断的に業務に取組んでいます。

T・M

自分で考え、物事を推進できる人材に

子会社の体制づくりという現在の業務は、私にとってはすべてが初めてのことで大変ではあるのですが、セブン銀行にいながら起業を体験させてもらっているようなものですから、貴重な勉強の機会だと感じています。会社というものはこういう仕組みで成り立っていると改めて気づかされることも多く、知的好奇心が刺激される毎日です。ときどき、創業間もないベンチャー企業に入社したような気持ちも味わっています。
チームのメンバーは5人ですので、限られた人数で、多くのタスクをこなす必要があります。そのため自分で考え、使命感を持って物事を前に進めなくてはならない局面も少なくありません。「若いときから人の判断に従うばかりだと、いずれ自分で判断することのできない人間になってしまう。だから大変でも、自分で責任感と使命感、そしてスピード感を持って、物事を推進していくことに挑戦してほしい」と上司には言われており、こうした成長のチャンスを与えられていることに感謝しています。

新しい事業の立上げにチャレンジしたい

T・M

“新しいビジネスモデルをつくって社会に貢献したい”という志で入社しましたから、将来は新規事業の立上げにチャレンジしたいと考えています。それはATM事業とはまったく別のものになるか、あるいはATM事業と連携したものになるか、まだ具体的にはわかりませんが、自分で新しいビジネスのタネを見つけて育てていきたいと思います。
もちろん何気なく過ごしていても、そのタネに出会うことはできません。自ら積極的に情報をインプットしていくことが不可欠です。そこで私は当社のイノベーション推進部署である「セブン・ラボ」を通じて社外の人々と交流する機会に積極的に参加。セミナーや講演会などにも出席し、新しい知見の吸収とネットワークづくりに励んでいます。

SCHEDULE

  • 8:45出社、メールチェック

  • 9:00資料作成

    協業候補先に、当社のビジネスのスキームを説明するための資料を作成。午前中は頭脳労働に集中するようにしている。

  • 12:00ランチ

    他部署の同期の仲間と一緒に食べに行く。

  • 13:00取引先と打合せ

    子会社の体制づくりに関連し、弁護士や税理士などに専門的なアドバイスを仰ぐ。

  • 15:00事務作業、資料作成

    子会社の規程づくり。子会社の立上げに関する業務は、意外と地道な仕事も多い。

  • 16:00社内打合せ

    子会社立上げに関して、社内の他部署と打合せ。

  • 18:00退社

    外国企業の担当者が来日した際は、一緒に食事することも。

PRIVATE
T・M

休日はのんびりと近くの公園で犬の散歩をしたり、ネットで海外のドラマや映画を見たりして過ごしています。基本的にはインドア派ですね。
最近は、人気のフードデリバリーサービスの利用にはまっています。新しいサービスには、アンテナを張り巡らせて実際に利用することを心がけています。