現在の位置:ホーム反社会的勢力への対応について

反社会的勢力への対応について

セブン銀行は、業務の適切性及び健全性の確保のため、反社会的勢力との関係を遮断し排除すべく、以下のような取組みを行っております。

  • 1.倫理憲章の中で「市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決する」旨宣言しております。
    倫理憲章 は、当社が企業として遵守する倫理上の規範として経営上の各種決定を行う上での拠り所となるものです。
  • 2.コンプライアンス基本方針の中で「取締役は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係は、断固たる態度で遮断し排除する。取締役会は、反社会的勢力との関係を一切遮断し排除する姿勢を役職員に周知し、経営会議に反社会的勢力に対して組織的に対応するための態勢を整備させる」旨謳っております。
  • 3.コンプライアンス基本方針に基づき、反社会的勢力に対して組織的に対応するために、以下のような態勢を整備しております。
    • (1)関係部門間の横断的協力体制・連絡システム
    • (2)警察その他の外部専門機関との連携
    • (3)対応する役職員の安全確保
    • (4)民事・刑事両面からの法的対応
    • (5)契約書等への暴力団排除条項の導入
    • (6)反社会的勢力との取引を防止するための事前審査
    • (7)反社会的勢力に係る情報集約
  • 4.万が一、不当要求等があった場合においても、社内規程に則り適切かつ組織的な対応がとれるよう定期的に役職員への教育・研修を行っております。
  • 5.2010年からは、セブン銀行口座の申込み時にお客さまに反社会的勢力でない旨の表明・確約をしていただくとともに、セブン銀行取引規定 等に暴力団排除条項を導入し、お客さまが反社会的勢力に該当した場合には口座申込みの謝絶・口座の解約等をできるようにしております。

以 上

ページの先頭に戻る