現在の位置:ホームお客さま本位の業務運営方針

お客さま本位の業務運営方針
(フィデューシャリー・デューティー方針)

セブン銀行は、経営理念において「お客さまのニーズに的確にこたえ、信頼される銀行」を目指しており、お客さま本位の業務運営については開業以来最も注力しているところであります。そのため、お客さま本位の業務運営を引続き徹底すべく、以下の方針を掲げ、全役職員一丸となってこれを実践してまいります。
なお、セブン銀行では、投資信託、外貨預金、保険等のいわゆるリスク性の金融商品は現在取扱っておりません。

1.お客さま本位の徹底

  • 今や社会インフラとなった全国に設置しているATMを運営する事業者として、また銀行口座を通じてさまざまな商品・サービスを提供する事業者として、安心・安全はもとより更なる利便性をお客さまに提供するための不断の努力を行ってまいります。

2.お客さまにふさわしい商品・サービス、適切な情報の提供

  • お客さまのお話をよく伺い、お客さまにふさわしい商品・サービスを提供します。
  • 当社の商品・サービスについて、お客さまにとってわかりやすい説明を心がけ、テレホンセンター等での多言語での対応を含む相談機能を充実させ、お客さまの質問や疑問に的確にお答えしてまいります。

3.利益相反の適切な管理

  • お客さまとの取引きに際して、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、当社所定の方針(利益相反管理方針※)・規程に従って利益相反を適切に管理します。
  • 利益相反管理方針については、こちらをご覧ください。

4.手数料等の明確化

  • 商品・サービスの提供において、お客さまが負担する手数料やお客さまに適用される金利等を明確にお示しします。

5.お客さま本位の業務運営に取り組むための体制整備

  • お客さま本位の業務運営を行うため、研修等を通じて、全役職員がお客さまに提供する商品・サービスへの理解を深めるとともに、フィデューシャリー・デューティー遵守の意識を共有し、実践していく企業文化を定着させてまいります。
  • 新商品・新サービスの導入においては、コンプライアンス部門を含めた検討・評価を行い、適切なプロセスを経てその導入を行います。

以 上

ページの先頭に戻る