重点課題の策定と推進

さらなる企業価値の向上を目指して

重点課題の策定プロセス

ステークホルダーからセブン銀行に対して求められる社会的責任や、事業内容は時代とともに常に変化し続けています。多様化する社会・環境課題を高い視座で捉え、事業機会とリスクを見据えて当社として優先的に取組むべき課題を設定し、社会課題解決への貢献と企業価値向上のため、2018年度にセブン銀行の「重点課題」の策定を行いました。
策定プロセスにおいては、株主・投資家へのアンケートの実施や経営層と有識者との対話を実施して、セブン銀行が果たすべき役割について意見を交わしました。さらに、役職員の参加に重点を置き、各部単位の勉強会やアンケートを実施し、それらの結果をもとに、経営層と従業員による社内グループディスカッションを複数回開催して議論を深めました。
このようなプロセスを経て、2018年度内に5つの「重点課題」を策定しました。この5つの「重点課題」を新たな判断基準・行動基準と位置付け、社会課題解決への貢献と持続的な企業価値の向上を目指した企業運営の羅針盤としていきます。

重点課題の策定プロセス

社内意識の醸成

社内勉強会
社内勉強会

セブン銀行の持続的成長に向けて、従業員一人ひとりがCSR活動の目的・意義を理解するため、2018年度上期に社内勉強会を開催しました。当社を取り巻く環境はステークホルダーの期待や社会要請によって変化し、現在はESG、SDGsの観点が重要になっていることを説明しました。同時に参加者間のディスカッションを通してセブン銀行の事業活動をESG、SDGsの観点で捉え直し、日常業務との関連性を知る機会となりました。これからも引続き従業員一人ひとりにCSR活動の目的・意義を浸透させ、セブン銀行の持続的成長につなげていきます。

有識者との対話

CSRが求められる理由、重点課題の概要と社会的背景などを踏まえ、多様化する社会課題や要請に対し、セブン銀行がどのようなことに注力すべきなのかを議論するため、有識者の方と役員、部長職層で対話を行いました。

社内グループディスカッション

社内グループディスカッション
社内グループディスカッション

従業員一人ひとりがセブン銀行の重点課題を自分ごととして捉え、課題の背景を理解し、改題解決に向けた取り組みを考えるため、各部から集まった有志の従業員でグループディスカッションを行いました。グループディスカッションであがった参加者からのさまざまな意見を、重点課題策定につなげていきます。

重点課題策定の意義

  • 多様化する社会課題や要請に対し、特に重視すべき課題に集中・適切に対応
  • 事業機会を損失していないか、チャンスを拾えているかを見直す機会
  • 新しいマーケットを創出し、新たなビジネスを生むきっかけ

当社が優先すべき社会課題・変化

ステークホルダーとセブン銀行にとっての重要度マトリックス図

5つの重点課題

CSRの推進体制

セブン銀行では2012年より、経営会議の諮問機関としてCSR・環境委員会を設置しています。企画部担当役員を委員長として、経営会議メンバーが出席し、原則年2回以上、CSR全般に関する計画、進捗等の報告および重要事項の協議を行っています。CSRの推進にあたっては、CSR・広報室が主体となり、全社的な活動の方向性を決定し、各部門への周知徹底を行っています。また、セブン&アイグループで年2回開催されるCSR統括委員会に参加し、セブン&アイHLDGS.やグループ各社との連携を密に取りながら、セブン銀行としての活動の方向性を定めています。

CSRの推進体制

取組みの具体化に向けたステップ

取組みの具体化に向けたステップ