重点課題3:誰もが活躍できる社会づくり

セブン銀行が考える社会の変化と課題

日本は出生率の低下とともに高齢化が進み、生産年齢人口が減少しており、今後30年程度で、さらに2,000万人以上も生産年齢人口が低下することが予測されています。企業の持続的な成長を実現するためには、多様な人材・多様な働き方に適した就労環境を整備することが必要不可欠です。特に女性の活躍推進には課題が多く、子育てと仕事の両立ができない、子育て後に就職ができないなど多くの理由で働きたくても働けない女性が多くいます。さまざまな従業員の能力強化による生産性の向上や多様な人材の育成、また、誰もが活躍できる環境をつくることが、人々の豊かな生活と社会の継続的な発展につながるとセブン銀行は考えています。

  • 30年ごとの人口の増減

    出典:総務省統計局「人口推計」
    国立社会保障研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」

  • 男女年齢別就業率(2018年)

    出典:総務省「労働力調査」
    (https://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.html)

セブン銀行の変化と課題への姿勢

セブン銀行では、多様な人が多様な形で活躍できる社会づくりに貢献することが企業としての責務であると認識しています。そのため、性別、年齢、国籍等を問わず活躍できる機会の創出、また、育児や介護をしながら働ける就業環境の整備を通じ、一人一人が最大限能力を発揮できるワーク・ライフ・シナジーを推進します。そして、全ての人が公平で平等な生活をおくれるような社会づくりに貢献していきます。

SDGsへの貢献

この重点課題に取組むことで、セブン銀行は誰もが活躍できる環境を築き、持続可能な開発目標(SDGs)の目標3、4、5、8、10の達成に貢献します。

セブン銀行の主な取組み

成長する機会を提供

セブン銀行は従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、事業の拡大を通じて、成長する機会を提供しています。

教育・研修制度の整備

従業員の成長意欲をサポート

会社が成長するためには、一人ひとりが能力を高めていくことが重要です。当社では、従業員の成長を「プロとしての力を育むステージ」と「プロとしての力を発揮するステージ」とに分け、各ステージに必要な知識やスキルを習得するためのさまざまな研修を実施しています。

また、さらに外国語でコミュニケーションがとれる人材育成にも力を入れており、通信教育に対する補助や外部研修を活用した語学の習得支援を行っています。

主に実施している研修等
  • 新入社員研修
  • 中途入社者研修
  • 大学院等派遣(2017年度2名)
  • 海外研修派遣(2017年度2名)
  • コミュニケーション研修
  • 各種通信教育への補助(2017年度116名)

挑戦する姿勢の尊重

従業員が自ら挑戦する姿勢を尊重しています。そのサポートとしてさまざまな機会を設け、2017年度は昨年度に続き、従業員の事業創造への意欲を高めるべく外部の起業家を招いたセミナーや新規事業を発想するワークショップなどを実施しました。オープンイノベーションの取組みの一環として新世代ATMで提供する新サービス・事業の提案を社内外から募り、経営陣や協賛企業へのプレゼンテーションを経て、複数案件を採択し、事業化に向けた検討を開始しました。

dummy
社外向けイベントの案内

安心して働くことができる環境づくり

従業員が持つ能力を最大限に発揮するためには安心して働ける環境が必要です。
当社にとって重要な人材が個人の事情で実力を発揮できないことがないよう、柔軟な働き方の実現に向けたさまざまなサポートを行っています。

多様性の確保

dummy

リ・チャレンジプラン

出産や子育て、家族の介護をしながらも勤務を継続し、または一時休職後でもスムーズに復職できるよう、支援するプランを設けています。

在宅勤務制度

妊娠や子育て、家族の介護、自身の負傷などの理由で通勤が難しい場合でも勤務を継続できるよう、在宅勤務制度を設けています。

社員登用制度

2016年度より、契約社員・アソシエイト社員(契約社員から無期雇用転換した者)のうち、一定の条件を満たした場合、社員へ登用する制度を設けています。

嘱託社員制度

60歳の定年を迎えた後でも、本人が希望すれば65歳まで嘱託社員として勤務できる制度を設けています。

障がい者雇用

ノーマライゼーションの観点から障がいのある方が能力や適性を活かして働ける環境を整備しています。

介護研修の実施

介護に直面しても制度を上手に活用することで、勤務を継続できることを周知するため、介護研修を実施しています。

dummy

女性活躍の推進

女性の活躍推進に関する状況などが優良な企業として、「えるぼし認定」の5つの評価項目すべての基準を満たし、厚生労働大臣から最高位である3段階目の認定を受けました。当社はこれからも、従業員がさまざまな働き方をしながら活躍できる環境の整備に一層取り組んでまいります。

次世代育成支援対策推進法への対応

dummy

セブン銀行では、従業員のワークライフバランスの実現に向けて、「一定水準以上の育児休職取得」「会社と従業員の生活双方を尊重できる環境の改善」「従業員やその家族がワークライフバランスのあり方を検討できるような施策実施」に取り組んでいます。

従業員の健康増進

セブン銀行では、従業員の身心の健康を会社の成長の原動力ととらえ、従業員間のコミュニケーション促進や健康増進のためにさまざまな取り組みをしています。

駅伝大会参加の様子
駅伝大会参加の様子

だれもが快適にご利用できるATM

文字を見やすく、読みやすく

ATMで使用しているUDフォントの例

だれもが見やすい画面・文字を追求し、セブン銀行ATMにユニバーサルデザインフォント(UDフォント)を導入しています。UDフォントとは、区別しづらい画線をなくしたり、空白を確保して文字を判別しやすくするなど、年齢・性別・障がいに関係なく、あらゆる人が快適に視認できるようにした文字です。

視覚障がいのあるお客さまに

dummy

すべてのATMで「音声ガイダンスサービス」をご提供しています。この機能の開発は、実際に視覚障がいのある方にご意見を伺いながら行いました。ATMに備付けのインターホンから流れる音声案内にそってインターホンのボタン操作をすることで、お引出し、お預入れ、残高照会が可能です。約540社の金融機関(銀行をはじめとする預貯金取扱金融機関、および証券会社)のお客さまにご利用いただけます。

杖をお持ちの方に

dummy
杖/ドリンクホルダー

「杖/ドリンクホルダー」の設置

セブン‐イレブン店内のATMに「杖/ドリンクホルダー」を設置しています。ATMでのお取引中に、杖や傘、コーヒーカップなどを置く場所を設けることで、お客さまの利便性を高めています

取引画面の色づかいを見やすく

dummy

だれもが利用しやすい色づかいを追求しており、営業時間やATM手数料などのご案内を除くATM取引画面について、カラーユニバーサルデザイン認証を取得しています。

  • ※「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」とは、色覚タイプの違いを問わず、より多くの人に利用しやすい製品やサービス、情報を提供する考え方をいいます。

育児・障がい者等支援

ボノロンへの協賛/児童館に読み聞かせ絵本を寄贈

©NSP2005、
©ボノロンといっしょ。2007

2005年6月より、読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」に協賛し、偶数月に毎号約100万部をグループ会社のセブン‐イレブンやデニーズ、ファミール、ヨークベニマル、セブン銀行有人店舗などで配布しています。

この絵本は、読み聞かせを通じて生まれる子どもの「なぜ?」「どうして?」が親子のコミュニセブン銀行が多文化共生に関する ケーションにつながることを期待して発行されています。

Topics
全国2,799カ所の児童館に読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」を寄贈

全国2,799カ所の児童館に読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」を寄贈

セブン銀行では、2011年より社会貢献型キャッシュカードを発行しています。これは、「森の戦士ボノロン」がデザインされたキャッシュカードを一枚発行するごとに100円をセブン銀行が拠出し、全国の児童館に絵本を寄贈するものです。
2017年度は54,783人のお客さまにボノロンキャッシュカードを選んでいただき絵本を製作し、全国2,799カ所の児童館に絵本を寄贈しました。
2018年4月には、目黒区平町児童館(東京都)で絵本の贈呈式を行うとともに、集まった子どもたちに大型絵本を使った読み聞かせを行いました。

全国2,799カ所の児童館に読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」を寄贈

認知症サポーターの育成

従業員の認知症に対する理解を深め、認知症の方やそのご家族が安心して暮らせるまちづくりを支援するため「認知症サポーター」の育成に取り組んでいます。

100名程度の従業員が認知症サポーターの資格を取得し、地域社会の安心・安全に貢献しています。

  • ※認知症について正しく理解し、認知症の方やご家族を温かく見守り支援する応援者。