重点課題3:誰もが活躍できる社会づくり

セブン銀行が考える社会の変化と課題

日本は出生率の低下とともに高齢化が進み、生産年齢人口が減少しており、今後30年程度で、さらに2,000万人以上も生産年齢人口が低下することが予測されています。企業の持続的な成長を実現するためには、多様な人材・多様な働き方に適した就労環境を整備することが必要不可欠です。特に女性の活躍推進には課題が多く、子育てと仕事の両立ができない、子育て後に就職ができないなど多くの理由で働きたくても働けない女性が多くいます。さまざまな従業員の能力強化による生産性の向上や多様な人材の育成、また、誰もが活躍できる環境をつくることが、人々の豊かな生活と社会の継続的な発展につながるとセブン銀行は考えています。

セブン銀行の変化と課題への姿勢

セブン銀行では、多様な人が多様な形で活躍できる社会づくりに貢献することが企業としての責務であると認識しています。そのため、性別、年齢、国籍等を問わず活躍できる機会の創出、また、育児や介護をしながら働ける就業環境の整備を通じ、一人一人が最大限能力を発揮できるワーク・ライフ・シナジーを推進します。そして、全ての人が公平で平等な生活をおくれるような社会づくりに貢献していきます。

SDGsへの貢献

この重点課題に取組むことで、セブン銀行は誰もが活躍できる環境を築き、持続可能な開発目標(SDGs)3、4、5、8、10の達成に貢献します。

セブン銀行の主な取組み

セブン銀行の人財育成

社員・組織のちから 人事制度の見直し 社員の自律的なキャリア形成を支援 チームマネジメント研修 定期的な社員の意識調査

人事制度の見直し

一人ひとりがモチベーションをもって働くことができるよう、各職層の役割の再定義を行い、個人の成長をより重視した評価制度への見直しを進めるなど、人事制度全般の改定を行いました。

チームマネジメント研修

感染症拡大で加速した社会や働き方の変化に伴い、新しい環境での組織力強化を目的に、現場管理職を中心とした、With/After コロナ時代におけるマネジメント研修を5カ月に渡り行いました。

社員の自律的なキャリア形成を支援

意欲ある社員の主体的なキャリア形成を支援するため、個人が希望するキャリアと組織のマッチングを図る「社内公募制度」を導入。また、社外での活躍機会を拡充するため「副業」に関するルールの見直しを行いました。

定期的な社員の意識調査

定期的に社員の意識調査(エンゲージメント・サーベイ)を実施しています。社員から見た職場や組織の状態を正しく把握し分析して、適時適切な対策を行うとともに、働きがい、働きやすい職場づくりを実現することが目的です。

多様な人材が活躍できる職場づくり

女性の活躍に向けて行動計画を推進

えるぼしマーク

女性が能力を発揮し、キャリア形成できるように行動計画を策定し、推進しています。

  1. 計画期間:2020年4月1日〜2022年3月31日
  2. 数値目標:①新規採用者に占める女性割合を40%以上にする。②有給休暇取得率を70%以上にする。
  3. 取組内容:·正社員における女性社員比率の段階的な改善のため、偏りのない社員採用を行うとともに、ライフステージの変化(結婚、出産、育児、介護など)による離職の防止、ワークライフバランスを実現できる環境を整備することで中長期的に社員の定着率を高めていく。

障がい者等の活躍支援

障がい者の雇用定着を図るため、東京都障害者職業センターを利用したトレーニングの実施や、聴覚障がい者のための翻訳ツール(UDトーク)を導入するなど、働きやすい職場環境づくりに配慮しています。また、短時間勤務者がフルタイム勤務に移行できるよう、業務内容の見直し・整備を行っています。

その他多様性を支える主な制度・取組み

リ・チャレンジプラン

出産、育児、介護をしながら勤務を継続するための、休職・短時間勤務・時間外休日勤務免除の制度

育児活動休暇

育児を事由とした有給休暇

介護研修

介護に直面しても、制度を活用して勤務を継続できることを周知するための研修

在宅勤務制度

さまざまな事由で通勤が困難な場合に、自宅で勤務ができるようにする制度

社員登用制度

契約社員・アソシエイト社員(契約社員から無期雇用転換した者)のうち、一定の条件を満たした場合に社員に登用する制度

嘱託社員制度

60歳の定年後も、本人が希望すれば65歳まで嘱託社員として勤務・活躍できる制度

マスターズ社員制度

嘱託社員であった者が希望すれば、有期雇用契約によりマスターズ社員として勤務・活躍できる制度

『健康経営優良法人2021〜ホワイト500〜』に認定

『健康経営優良法人2021〜ホワイト500〜』

セブン&アイ・ホールディングスは、経済産業省が2021年3月に発表した『健康経営優良法人2021〜ホワイト500〜』に認定されました。『健康経営優良法人2021〜ホワイト500〜』は、経済産業省が、地域の健康課題に即した取組みや、日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業を認定する制度です。セブン銀行は、セブン&アイグループの一員として、これからも地域の生活や社会の健やかな成長発展に貢献する取組みを深化させ、従業員や社会の皆さまから信頼され、必要とされ続ける企業を目指します。

多様性に関するデータ

従業員・雇用に関するデータ(2020年3月末現在)(人)

従業員・雇用に関するデータ(2020年3月末現在)(人)

  • ※1 従業員数は、役員、執行役員、当社からの社外への出向者、パート社員、派遣スタッフ社員を除き、社外から当社への出向者を含む。
  • ※2 パート社員数:1日8時間換算による月平均人員
  • ※3 女性管理職比率は、当社から7&iグループへの出向者および7&iグループ以外からの出向者を除き、7&iグループから当社への出向者を含む。
  • ※4 障がい者雇用率は2021年4月1日現在
社員登用制度によって社員登用した人数(人)

社員登用制度によって社員登用した人数(人)

従業員・雇用に関するデータ(2020年度) (人)

従業員・雇用に関するデータ(2020年度)(人)

  • ※5 育児休職者は、2020年度中に育児休職を取得した社員
  • ※6 労働災害度数率=(労働災害発生件数/のべ労働時間)×1,000,000
  • ※7 労働災害強度率=(労働損失日数/のべ労働時間)×1,000
  • ※8 育児・介護を事由とした制度利用者数

誰一人取り残さない社会へ

音声ガイダンスサービス(目の不自由なお客さま向けサービス)

インターホン(電話)の位置
インターホン(電話)の位置

目の不自由なお客さまが一人でも安心してATMをご利用いただけるよう、「音声ガイダンスサービス」を提供しています。このサービスは、ATMに備付けのインターホンから音声案内が流れるというもので、案内どおりにボタン操作するだけで入出金や残高照会ができます※。全国26,000台以上あるすべてのセブン銀行ATMでご利用いただけます。

海外発行カードサービス

ATM画面イメージ
ATM画面イメージ

旅行などで海外から日本に来られた方々から、入国後に日本円が入手しづらいという声が多く寄せられています。セブン銀行ATMでは、海外で発行されたキャッシュカード、クレジットカードで日本円を引出せるサービスをすべてのATMで提供しています。ATMの操作は12言語に対応(英語および日本語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、マレーシア語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語)。世界中の人々が日本でも快適にすごせるようサポートしています。