重点課題4:環境負荷の低減

セブン銀行が考える社会の変化と課題

環境問題、世界の生物多様性の劣化は、資源や経済といった、企業の事業そのもののゆくえにも大きく関係する、深刻な課題です。特に気候変動化リスクは、海水面の上昇や、異常気象の増加、農漁業への影響など、将来世代まで影響の及ぶ重大な脅威となりえることから、環境負荷低減に向けた取組み強化が必要であるとセブン銀行は考えます。

  • 海面水温の長期変化傾向(全球平均)

    出典:気象庁「地球温暖化に関する診断表」

  • 日本の気温はどのくらい上がったの?

    出典:気象庁「気候変動監視レポート2017」全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

セブン銀行の変化と課題への姿勢

セブン銀行は、技術革新の成果を取入れた金融サービスの提供を通じて環境負荷の低減に取組むとともに、従業員の環境意識の向上とグループ各社と協働した自然環境の保全活動を推進していきます。

SDGsへの貢献

この重点課題に取組むことで、セブン銀行は環境負荷低減と自然環境保全活動を推進し、持続可能な開発目標(SDGs)の目標7、9、12、13の達成に貢献します。

セブン銀行の主な取組み

気候変動問題への取組み

省エネを中心にCO2排出量削減を推進

ATM消費電力の比較

第3世代ATMでは、第2世代ATMに対して消費電力を約48%削減しました。全国約24,000台以上のATMがすべて第3世代ATMに入れ替わったことにより、年間で約16,000トンのCO2排出量削減になります。最新技術を積極的に導入し、お取引きがないときは常に省エネモードにしたことや、ディスプレイのバックライトをLEDにしたことで、大幅に消費電力を削減できました。また、長寿命部品、リサイクル可能な素材を使用しており、資源の有効利用を推進しています。

また、古くなったATMとUPS(無停電電源装置)バッテリーは、リサイクル業者を通じて再資源化につなげています。

  • ※CO2排出量を1Wh=0.579gで換算。

FSC認証紙の活用

ATMに備付けている現金封筒や各種リーフレット、セブン‐イレブンなどで配布している読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」などに、FSC認証紙を使用しています。

FSC森林認証とは、適切に管理された森林や、その森林から切り出された木材の適切な加工・流通を証明する国際的な認証制度です。今後も環境に配慮した認証紙の活用を拡大していきます。

オフィスでの環境配慮

環境指標/電気使用量 環境指標/OA用紙購入量 環境指標/事務用品のグリーン購入比率

  • ※ セブン銀行は、政府の要請などを参考として、2010年度を基準年にしています。
    全国に24,000台以上設置しているATMについては、ATM設置施設の電気を使用しているため、グラフに含んでいません。

紙使用量の抑制

ATMでのお取引画面の中で、ご利用明細票の「必要」「不要」をお客さまが選択できるようにすることで、お客さまと一緒に紙資源を節約しています。
また、取引きの記録を従来のレシートロールからATM内蔵のハードディスクに記録することにより、紙使用量を大幅に抑制しています。

グループ企業と連携した環境保全活動

従業員による環境保全活動

荒川での清掃活動

地球環境保護や地域社会に貢献することを目的に、従業員は当社独自の環境活動をはじめ、グループ全体による各種ボランティア活動に積極的に参加しています。

2017年9月、NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムのご協力のもと、当社従業員とその家族83名で荒川の水際約100mを清掃しました。ペットボトルやレジ袋、包装容器などのゴミを回収した後、拾ったゴミの種類と数を検証し、ゴミを減らすためにできることについての振り返りを実施しました。

環境意識向上への取組み

従業員の環境意識の向上を目的として、「eco検定®」取得キャンペーンを実施しています。本キャンペーンは、eco検定合格者に対して受験料を全額会社が補助するものです。2014年度からのeco検定の累計合格者数は110名になりました。

  • ※東京商工会議所が主催している環境に関する検定試験。正式名称は環境社会検定試験®。

代表的な活動として、セブン‐イレブン記念財団と連携し「セブンの森」での植樹から間伐・下刈りまでの森の保育を行う活動に参加し、森林保全と地球温暖化防止に貢献すると共に、環境保全活動を通じた従業員の環境意識向上を促進しています。

ATMの安定稼働と効率運用

現金補充回数の削減

セブン銀行ATMは社会インフラとして24時間365日、サービスを提供することが求められています。そのために現金切れなどによるサービス停止を防ぐ必要があります。警備会社による現金補充に加え、セブン‐イレブンの売上金などをATMへ入金することで、ATM内の現金がまかなわれ、安定稼働と効率運用を実現するとともに、金利上昇リスクにも備えています。また、店舗の運営にとっても、店外の銀行へ入金する手間が省け効率化につながっています。さらに、現金の補充回数を減らすことができ、物流面でのCO2排出量削減に寄与しています。

このような工夫を重ねて、ローコスト運営を意識しながらも、平均稼働率99.98%を実現しています。