重点課題4:環境負荷の低減

セブン銀行が考える社会の変化と課題

環境問題、世界の生物多様性の劣化は、資源や経済といった、企業の事業そのもののゆくえにも大きく関係する、深刻な課題です。特に気候変動化リスクは、海水面の上昇や、異常気象の増加、農漁業への影響など、将来世代まで影響の及ぶ重大な脅威となりえることから、環境負荷低減に向けた取組み強化が必要であるとセブン銀行は考えます。

セブン銀行の変化と課題への姿勢

セブン銀行は、技術革新の成果を取入れた金融サービスの提供を通じて環境負荷の低減に取組むとともに、従業員の環境意識の向上とグループ各社と協働した自然環境の保全活動を推進していきます。

SDGsへの貢献

この重点課題に取組むことで、セブン銀行は環境負荷低減と自然環境保全活動を推進し、持続可能な開発目標(SDGs)7、9、12、13の達成に貢献します。

セブン銀行の主な取組み

電気使用量の削減

ATMの省電力化

2019年9月より導入を開始した第4世代ATMは、第3世代ATMに対して消費電力量を約40%削減しています。これを約25,000台のATMで算出すると、年間で約10,000トンのCO2排出量削減になっています。お取引きがないときは常に省エネモードにしているなど最新技術を積極的に導入しております。また、長寿命部品、リサイクル可能な素材を使用しており、資源の有効利用を推進しています。

  • ※CO2排出係数を0.000500t-CO2/kWhで換算

ATMの現金補充回数の削減

ATMに現金を補充するためには、警備会社が現金を車両で輸送する必要があります。警備会社では、ATMの利用状況を1台ごとに分析し現金補充回数を削減することで、この輸送にかかるCO2排出量を減らすことに貢献しています。

また、セブン-イレブンの売上金等をATMに入金することで、ATM内の現金がまかなわれ、安定稼働と効率運用を実現しています。この取組みは、セブン-イレブン店舗の運営にとっても、店外のATMや銀行に行き入金する手間が省け効率化につながっています。このような工夫を重ねて、稼働率99.98%を実現しながらも、ローコスト運営をしています。

紙の使用量の削減

印鑑・サインレス手続きによるペーパレス化の推進

セブン銀行口座では、各種サービスのデジタル化を推進しています。2021年7月からは一部のお手続きで印鑑・登録サインを廃止しました。これにより印鑑・登録サイン用の書類は廃止となり、ペーパレス化が推進されます。手続き用書類では、印鑑相違等の理由から1度で手続きが完了する例は少なく、印鑑紛失届など別の書類が必要となり、お客さまにご負担をおかけしてきました。印鑑・サインレスの手続きにより、お客さまにとってもより円滑なお手続きが可能となります。

ATMご利用明細票の排出を削減

印鑑・サインレス手続きによるペーパレス化の推進

ATMでは以前より明細票発行の「必要」「不要」ボタンをお客さまに選択していただくことで、紙の排出を削減してきました。この度、更なる排出削減のために、暗証番号相違や残高不足の際に発行されるご利用明細票の排出を廃止しました。音声案内でATM画面に注意を向けていただく工夫や、入力を間違えたあとにも続けて操作しやすいようにボタンを追加するなど、スムーズにお取引きいただけるプログラムも実装しました。これにより年間約1,890万枚のご利用明細票の排出削減を実現しました。

廃棄物の発生量の削減

ATMの長寿命化・リサイクル

ATMは設計段階から、リサイクル素材の導入やメンテナンスしやすい構造などを積極的に採用しています。不具合が起きた場合は、パーツごとの取替えやメンテナンスを行い、長く使えるような工夫も取り入れています。 セブン-イレブン店舗の改装や閉店によるATMの入替えや撤去などが発生した際には、使用していたATMは回収し、まだ使用できる機体はメンテナンスを行ってリユースするほか、パーツ単位でも再利用を行います。再利用できない古くなったATMは、リサイクル業者を通じて再資源化し、リサイクル率約100%を達成しています。

発行物のリサイクルの推進

「森の戦士ボノロン」の冊子や、セブン銀行口座のリーフレットなど、印刷する際には必要な部数を印刷するよう努めていますが、内容が古くなったものは廃棄の対象となります。セブン銀行では、オフィスで発生する紙ごみだけでなく、これらの廃棄対象の印刷物をリサイクルし、ゴミ減量化に取組むとともに、新たに投入される木材(パルプ用材)の量を抑制し、森林資源の保全に貢献しています。

再生可能な原材料の使用

FSC®森林認証紙の活用

ATMに備付けている現金封筒や各種リーフレット、セブン-イレブンなどで配布している読み聞かせ絵本『森の戦士ボノロン』などに、FSC®森林認証紙を使用しています。
FSC®森林認証紙とは、適切に管理された森林から切り出された木材や、その他のリスクの低い木材を使用した製品です。今後も環境に配慮した素材の活用を拡大します。

グリーン調達の取組み

社内で使用する事務用品ならびに印刷サービスを対象に、環境保全を推進している調達先から環境負荷の小さい物品等を購入することを定め、推進しています。事務用品、印刷サービスの選定に際しては、必要な品質・機能に加え、長期的な使用や再利用・再生利用が可能かどうか、有害化学物質を使用していないかなどの環境負荷低減に関する要件を満たしている物品等を優先して購入するよう努め、循環型社会に向けた取組みを実践しています。