重点課題2:新しい金融サービスを通じた生活創造

セブン銀行が考える社会の変化と課題

社会の変化・技術の進化により、お客さまの価値観・ライフスタイルは多様化し、より「近くて便利」な金融サービスが求められています。セブン銀行は、従来の概念にとらわれない金融サービスの革新と機会均等が必要であると考えています。

  • 共働き等世帯数の推移

    出典:内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書」をもとに作成

  • シェアリング・エコノミーの国内市場規模推移と予測

    出典:矢野経済研究所「シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査(2017年)」(2017年11月15日発表)
    https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1988

セブン銀行の変化と課題への姿勢

セブン銀行は、生活スタイルの多様化やシェアリングエコノミー等の普及も取込みながら、従来の概念にとらわれない新しい金融サービスを構築し、毎日の暮らしの中に時代の変化に即した新たな価値を提供していきます。

SDGsへの貢献

この重点課題に取組むことで、セブン銀行はリアルな顧客接点を活かして、全ての人に価値のある金融サービスを提供し、持続可能な開発目標(SDGs)8、9の達成に貢献します。

セブン銀行の主な取組み

新たなATM利用スタイル

新たな決済分野を切り拓く決済事業者との提携推進

より多くのお客さまにご利用いただくため、新たな取り組みとして金融機関以外の資金移動業者などとの新規提携を進めています。

WebMoneyプリペイドカード/WebMoneyプリペイドカードLite(ウェブマネー)
au WALLET(ウェブマネー)
Kyash
JCBプレモカード(ジェーシービー)
SoftBank Card
ドコモ口座(NTTドコモ)
バンドルカード(カンム)
CYURICA(ヒューマントラスト)
pring
PayPay
三井住友プリペイド(三井住友カード)
LINE Pay
2019年8月13日時点

カードを使わずに入出金取引ができる「スマホATMサービス」の提供

dummy

「スマホATMサービス」とは、対応するアプリを使ってATMに表示されるQRコードを読み取ることで、カードを使わずにスマートフォンのみで入出金取引きができるサービスです。今後は既存の提携先だけではなく、カードを発行していない決済事業会社や、スマートフォンによる決済サービスを展開している事業会社の方々にもセブン銀行ATMをご活用いただけるよう、本サービス提供先のさらなる拡大に取り組んでまいります。

交通系電子マネー等のチャージ取引の拡大

デジタル決済の広がりを踏まえ、より多くのお客さまにセブン銀行ATMをご利用いただくため、2018年10月15日より、全国のセブン銀行ATMで「交通系電子マネー」、「楽天Edy」のチャージ(入金)および残高確認の取扱いを開始しました。これまで、電子マネー「nanaco」のチャージや残高確認で使用していたATMの電子マネーリーダーを活用し、「交通系電子マネー」および「楽天Edy」のご利用が可能となりました。

CSRの推進体制

社会の変化、技術の進化に対応した便利で使いやすいサービス

働き方の多様化を金融面でサポートする「リアルタイム振込機能」

提携先企業が行う各種振込について、外部サービス事業者との連携(API接続等)により、当社が振込指示を受けて即時振込を実行する機能。

働き方の多様化に伴い、給与即時払いや経費精算事業者が本サービスを利用することにより、従業員は当日働いた分の給与等をその日のうちに受取ることや、立替経費の即日精算が可能になります。

Doreming
enigma
payme
advancedpaysaison
staffexpress
uniontechnologysystem
taimee
banq
2019年8月13日時点

口座を介さず現金を受取れる「ATM受取(現金受取サービス)」

eコマースの普及やシェアリングエコノミーの広がりなどによって、企業から個人への送金機会が増えているなか、2018年5月に「現金受取サービス」を開始しました。お客さまは企業から電子メールなどで送付される番号をセブン銀行ATMで入力するだけで、いつでも現金を受取ることができます。また、銀行口座を介さないため、企業はお客さまの口座情報の収集・管理が不要となるなど、企業とお客さま、双方の利便性が格段に高まるサービスです。

本サービス開始に向け、2018年1月に子会社「株式会社セブン・ペイメントサービス」を設立しました。 多くのお客さまにご利用いただけるよう、サービス契約企業の開拓を進めるとともに、便利で使いやすいサービスの提供に努めてまいります。