2024/07/10

訪日外国人旅行者も、受け入れる観光地側も。旅に関わるすべての方に安心と便利をお届けしたい:インバウンド対応サービス

  • ATM
  • CSR

皆さん、こんにちは!セブン銀行 STORY of PURPOSE編集部です。 日本の観光業が活気を取り戻しつつある中、訪日外国人旅行者(以下、外国人旅行者)に向けたサービスの充実が求められています。よく耳にするのが、海外から訪れる旅行者が直面する「日本円の入手が困難」「言葉が通じない」という課題。いつでもどこでも、そして誰でも快適な旅が楽しめるように。そんな思いからスタートしたのが、今回ご紹介するセブン銀行のサービスです。

目次

    インバウンド(外国人が日本を訪れる旅行)の推移と変化

    2010年代初頭から急増したインバウンド。2010年は年間約861万人でしたが、2013年以降、ビザ緩和政策や円安の影響で2013年は1000万人を突破、2015年は約1973万人、2019年は約3191万人へと右肩上がりに増加しました。

    コロナの影響で一時的に下がるものの2023年からは回復し始め、2024年3月には月間の過去最高記録となる約308万人を突破し、過去に類を見ない増加トレンドとなっています。

    出典:日本政府観光局(JNTO)

    近年の特徴としては、都市部だけでなく、世界遺産や「日本らしさ」を求めて岐阜や盛岡、山口など、自然豊かな地方観光地の需要が急増している点にあります。世界的に見ても、ここまで観光資源が豊富に揃っている国はないと言われ、政府は観光立国を目指し、2030年には6000万人、消費額1500兆円にする目標を掲げています。

    外国人旅行者の急増に伴う課題とは

    一方でインバウンド増加に伴い、受入側の課題も見えてきています。

    まずは支払い方法の問題です。世界的に見るとキャッシュレスが浸透しているものの、日本の普及率はまだまだ低く、支払い時に現金が必要な場面が多いことが課題の1つです。特に世界遺産に近い観光地では景観や文化を守るため、また小規模商店では手数料・維持費などの問題で「現金支払い」にせざるをえないという、受入側にもさまざまな悩みがあるようです。

    出典:キャッシュレス推進協議会 キャッシュレス・ロードマップ2023

    もう1つは言語対応の問題です。地方にとどまらず、都市部でも日本語しか通じない場合が多く、コミュニケーションの取りづらさが挙げられます。AI技術の発達によりサポートツールは増えているものの、外国人旅行者からすると「伝わらない」ことへの不安感がある状況。インバウンドの増加に伴い、様々な国からの観光客が増え、複数の言語に対応するにはコストがかかってしまいます。こちらもキャッシュレス対応と同様、受入側の対応が難しい事も課題の1つです。

    セブン銀行ATMが「現金」「キャッシュレス」双方の支払いをサポート

    • 1.自国のキャッシュカード・クレジットカードで現金引き出しが可能
    • 2.交通系ICカードへのチャージが可能
    • 3.利用時は自国通貨のリアルタイムレイトで決済可能

    セブン銀行ATMでは海外で発行されたカードも利用ができるため、自国のクレジットカードを利用して現金を引き出せます。またSuicaやPASMO等の交通系ICカードへの現金チャージ機能も備わっているので、観光客向けのICカードをお持ちの方にも便利に使っていただけます。

    海外で発行されたクレジットカードを使う際は、「自国通貨建て」か「日本円建て」かを選択できるため、旅先でいくらお金を使ったかをリアルタイムで把握することも可能です。

    セブン銀行ATMは「言語」の課題もサポート

    • 1.セブン銀行ATMの対応言語は12言語
    • 2.ATMインターホンは、原則24時間365日、英語・日本語で対応
    • 対応する12言語:英語および日本語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、マレーシア語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語

    セブン銀行ATMは現在12言語に対応しています。以前は4言語でしたが、インバウンド増加に伴い、2015年から現在の12言語対応となりました。結果、9割以上の外国人旅行者の言語に対応が可能です。

    またATMに付属しているインターホンは原則24時間365日、英語・日本語で有人オペレーターがサポートを行いますので、操作がわからなくなった時も安心してご利用いただけます。

    旅行者も観光地も喜ぶ、みんなの“あったらいいな”

    セブン銀行ATMは全国に27,000台以上設置されており、コンビニだけでなく、駅・空港・商業施設などにも設置されています。見た目も統一されているため、外国人旅行者の方でも見つけやすく、どの地域を訪れても安心してご利用いただけます。また受け入れ側の観光地にとっても現金両替・チャージができる場所として、セブン銀行ATMがあることで、外国人旅行者の方の対応に安心感を持っていただけるのではと思います。

    外国人旅行者にとっても、受け入れる観光地にとっても私たちのサービスをご利用いただくことで、旅に関わる全ての方に安心と便利をお届けしたい。旅行中の限られた時間を有意義に使っていただき、日本で楽しい思い出をたくさん作っていただきたい。国を超えた交流をよりサポートできる「あったらいいな」のサービスづくりを、セブン銀行はこれからも続けていきたいと思います。

    その想いを超え、日常のみらいへ。
    セブン銀行は、あなたの毎日をもっと便利に、もっと快適に。

    新着ストーリー