文字サイズ:

現在の位置:ホームセブン銀行グループにおける主に日本に居住する外国籍の方向けサービスの利用者情報の共同利用について

セブン銀行グループにおける主に日本に居住する外国籍の方向けサービスの利用者情報の共同利用について

個人データの共同利用

セブン銀行グループは、グループにおける主に日本に居住する外国籍の方向けサービスの利用者の個人データおよび当該利用者のセブン銀行サービスの取引情報をグループ会社間で以下のとおり共同して利用することがあります(株式会社ACSiONが取得した情報を除く)。

  1. 【共同利用する個人データの項目】

    1. ①属性情報
      氏名、年齢、生年月日、住所、電話番号、Eメールアドレス、勤務先、家族情報、住居状況、お取引ニーズに関する情報、運転免許証等の記号番号等、使用するデバイスおよびブラウザに関する情報、国籍、在留資格等
    2. ②契約情報
      契約の種類、申込日、契約日、商品名称、有効期限、利用可能枠、支払方法、その他顧客番号などお取引きの管理に必要な情報
    3. ③取引情報
      残高、取引金額、入出金情報、返済状況等その他お客さまの取引きに関する事項
    4. ④与信判断情報
      収入、資産、負債、借入状況、与信判断の結果、資料その他の与信判断および与信管理に関する事項(ただし、個人信用情報機関から取得した信用情報を除く)
  2. 【共同利用する者の範囲】

    以下サイトに記載されているセブン銀行グループ企業(ただし、海外子会社を除く)なお、共同利用者は随時変更されることがあります。
    https://www.sevenbank.co.jp/corp/company/outline.html

  3. 【共同利用の目的】

    1. ①取引データの分析・研究
    2. ②各種商品・サービス等の企画・開発
    3. ③各種商品・サービス等のお客さまへの案内や提供、キャンペーン等の賞品等の提供
    4. ④与信判断、与信後の管理および債権回収その他取引上の判断のため
    5. ⑤お問合せへの対応
  4. 【個人データ管理責任者】

    株式会社セブン銀行

以上

ページの先頭に戻る