01BACKGROUND

これまでの取り組みと
社会的課題の変化

セブン銀行の歴史

時代とともに、お客さまとともに。
もっと便利で、もっと新しいサービスを。
これまでも、これからも。

この瞬間も、これからも、セブン銀行の挑戦は続きます。

  • 2020

    • 外国人居住者向けに与信関連サービスを提供する合弁会社
      株式会社Credd Financeを設立

  • 2019

    • AI、IoTの活用や先進技術を搭載した第4世代ATM導入開始

    • 本人確認、不正検知をはじめとした、セキュリティプラットフォーム事業を行う合弁会社
      株式会社ACSiONを設立

    • 外国人居住者向けの金融サービスインフラを提供する完全子会社
      株式会社セブン・グローバルレミットを設立

    • フィリピンにてATM運営事業を行う完全子会社
      Pito AxM Platform, Inc.を設立

    • 社会課題解決への貢献と企業価値向上のための5つの「重点課題」を策定

  • 2018

    • ATMで交通系電子マネー等のチャージ開始

    • 口座不要で送金が行え、受取り側はいつでも現金が受取れる
      「ATM受取」サービス開始

    • 送金・決済サービスを行う完全子会社
      株式会社セブン・ペイメントサービスを設立

  • 2017

    • スマートフォンだけでATM取引きができるサービスをリリース

  • 2016

    • セブン・ラボによるオープンイノベーションの推進

  • 2015 -

    • 海外発行カード利用時のATM画面、明細票など12言語に対応

  • 2014

    • 事務受託事業を行う完全子会社
      株式会社バンク・ビジネスファクトリーを設立

    • インドネシアにATM運営事業を行う合弁会社
      PT. ABADI TAMBAH MULIA INTERNASIONALを設立

    • セブン銀行口座のATM取引画面が、9言語に対応

  • 2012

    • 米国でのATM運営事業を行うためFinancial Consulting & Trading International, Inc.(現FCTI, Inc.)を完全子会社化

  • 2011

    • 東京証券取引所市場第一部に上場

    • 増加する外国人のお客さまの母国送金ニーズに応え、海外送金サービス開始

  • 2010

    • 利便性と環境配慮を追求した第3世代ATM導入スタート

  • 2007

    • 47都道府県へのATM展開完了

    • 視覚障がいのあるお客さま向けサービス「音声ガイダンスによる取引き」実現

    • 36都道府県のセブン-イレブン、イトーヨーカドーにATM展開完了

    • ATMで電子マネー「nanaco(ナナコ)」のチャージ開始

    • 海外発行のキャッシュカード・クレジットカード対応 開始

    • ATMの運営・管理の一括受託サービス開始

  • 2005

    • 「株式会社セブン銀行」に社名変更

    • 第2世代ATM導入スタート

  • 2003

    • 開業後3年で単年度黒字化達成

  • 2001

    • 「セブン-イレブンにATMがあったら便利なのに…」
      お客さまのニーズに応えてアイワイバンク銀行が誕生
      セブン-イレブン店舗内に最初のATMが登場

MORE
CLOSE

セブン銀行を取り巻く環境

急速な社会変化にともない、
お客さまニーズの多様化が加速しています。
想定外の事象の頻発、さまざまな社会課題の顕在化など、
セブン銀行グループを取り巻く環境も大きく変化しています。

  • 決済の変化、現金から
    デジタルマネーへのシフト

    二次元コード決済や電子マネーなどのデジタルマネー取引きが大きく増加。
    日本のキャッシュレス決済比率の増大と、先行する米国でのATM需要の存在。

  • 金融への
    新規参入企業の増加 /
    機能の分業化が進展

    ICTやIoTなど新技術を活用した新規参入事業者が増加。各種金融事務などの外部委託ニーズが拡大。

  • 高度化・巧妙化が進む
    金融犯罪

    デジタル化にともなう不正検知や本人確認システムなどのセキュリティニーズが拡大。

  • 給与 / 報酬の受取り方や
    借入手段の多様化

    さまざまな働き方に応じた即時払い等の給与/報酬の受取り方が求められるようになる。
    少額借入などの新たな与信・借入手段、ニーズが拡大。

  • 居住外国人の
    増加

    足元のコロナ渦で鈍化も、日本人の労働人口が減少し、外国人労働者は今後ますます増加。

このような急速な社会変化を背景に、セブン銀行は持続的成長に向けて挑戦を続けます。
これまで培ってきた既存事業領域に更なる革新をもたらすこと、
そして、新たなる事業領域における新価値の創造と探求を進めてまいります。

Not only ATM, but  .